投稿日:

陥没などを防ぐ為のリフォーム

住宅に対する不具合は、発生してからでは手遅れな一面があります。発生しないに越した事はありません。

例えば床に対する穴です。そもそも床が陥没する可能性は、決してゼロでは無いでしょう。腐食などが生じてしまっていれば、当然床が陥没してしまって、大きな穴が開いてしまう可能性もあります。もちろん、それでは日常生活に大きな支障をきたしてしまいます。

ところがその穴は、実は防止する事も可能なのですね。というのも床のリフォームをすることによって床を補強する事が可能です。

まずリフォームの見積もりの段階で、住宅の床に対する様々な検査を行い、今後の陥没率などを測定する事になるのですね。まずそれを行ってもらう事自体に、意義があるでしょう。住宅のリスクを確認できるからです。

それで今後陥没が発生すると考えられた場合は、もちろんリフォームを行ってもらって、それを防止する為の施工が行われます。手遅れを防ぐこともできるのですね。