投稿日:

リフォームローンと住宅ローンを上手に利用しましょう

住宅ローンといえば、新築の家を購入する時に利用するものというイメージがあります。
しかし、長く住みなれた家をリフォームしたい時も、お金が必要になってきます。

その場合、リフォームローンというものがあります。このリフォームローンは、多くの場合無担保で利用可能です。
また審査も早く出来ます。しかし、借りられる金額は500万以下位と、借入額は少なく設定されており、金利も高く、返済期間も短くなります。

500万以上のリフォームを計画してる場合は、返済期間も長く、金利も安い住宅ローンを利用するといいでしょう。計画的に返済しやすくなっています。この場合有担保になりますが、リフォームする規模や金額により、リフォームローンと住宅ローンを上手く利用しましょう。

また中古物件を購入し、リフォームする必要がある場合、購入代とリフォーム代を合わせて住宅ローンを利用しましょう。審査も手続きも一回で済みます。後から、リフォーム代をローンで組むのは、難しくなる場合が多く、金銭的にも厳しくなるでしょう。お金の計画を立て、理想のリフォームを実現しましょう。