投稿日:

変動金利タイプのメリット、デメリット

変動金利タイプの住宅ローンにはメリットとデメリットがあります。
昨今の低金利を受けて住宅ローンの借り換えをしている方がいらっしゃいますが、その時によく変動金利よりも固定金利にしておいた方が得だということは聞きますよね、今の低金利のまま固定でいけばそれはメリットがあるでしょう。
じゃあ変動金利のメリットとはなんでしょうか。

まずメリットとしては、毎月のローン返済額を低く抑えることができるという点があります。変動金利タイプに適用される「短期金利」は、1年未満の短期的な資金の貸し借りに適用されるもので、固定金利タイプで適用される「長期金利」よりも低く設定されています。

そして、原則として6ヵ月に1度の割合で金利が見直され、月々の返済額は5年に1度の割合で見直されます。そのため、金利が下がっている時期は返済額を低く抑えることができます。一方デメリットとしては、金利が上昇すると返済額の総額に含まれる利息支払い分の割合が増えてしまうので、結果的に完済するまでの期間が長くなってしまう点があります。

そのため、金利の変動の影響を考慮しなくてはいけないため将来設定が立てにくいということにもつながります。これらのメリットとデメリットをよく理解した上で、変動金利タイプの住宅ローンで住宅を購入するかどうかを考えることがおすすめです。