投稿日:

外壁のリフォームの必要性

PR:住宅ローンの借り換えは借り換え本舗!

最近ではダイニングとキッチンを対面させる対面キッチンが人気となってキッチンリフォームを優先的にする人が多いですが、家の外壁は紫外線や雨の影響を受け続けているのでキッチンより早く劣化してきてしまいます。そのためキッチンより外壁のリフォームを優先した方がいいです。

キッチンは築15年前後で劣化してくると言われていますが、外壁は築10年で劣化してきてしまうと言われています。この10年というのは目安ですが、気候によってはもっと早く劣化してきてしまう可能性もあります。そのため自分で外壁を目視して確認しておく必要があります。

外壁が劣化してきてしまうと最初は色あせてくる感じですが、次第にチョーキング現象が発生してひび割れが出てきてしまいます。ひび割れが出てきてしまうと防水性や耐震性が低下してしまうので生活に支障が出てしまう可能性もあります。そのためひび割れが発生する前の段階で外壁をリフォームしていく必要があります。

外壁のリフォームをすると防水性や耐震性が高まり外部からの刺激を受けても対応出来るようになるので老朽化を抑えて家の寿命が長くなります。