投稿日:

住宅ローンは頭金が重要

人が住宅を購入する場合、数千万円単位のお金を用意しなければなりません。しかしそのような大金を一度に用意するのは難しいでしょう。そのため多くの人は住宅ローンを利用して、住宅購入資金の借入を行います。これにより、一般的な収入の人でも住宅を購入できるのです。

そして住宅ローンを利用する場合、なるべく頭金を用意しておいたほうがよいでしょう。頭金があると住宅ローンを利用しやすくなるからです。頭金を住宅購入資金に当てることで、住宅ローンの借入額を少なくすることができます。それによって、年収があまり多くない場合でも審査に通過することができ、スムーズに融資まで手続きを進めることができるのです。

また頭金を用意しておくことで、住宅ローンの契約内容においても有利になる場合があります。例えば通常よりも金利を優遇してもらえたりします。また返済リスクも少ないと判断されて、保証会社に保証してもらう時支払う保証料も免除になる場合があるのです。