投稿日:

不動産業者の提携住宅ローンについて

人が住宅ローンを利用する場合、同時に不動産の購入手続きも行います。したがって不動産を販売する不動産業者と住宅ローンのサービスを提供している銀行が提携して業務を行っていることも少なくありません。そして不動産を購入する場合、業者から提携住宅ローンを勧められる場合があります。住宅ローンに関する手続きは業者側である程度行ってくれることもあり、利用者側としては便利です。そのためつい利用してしまう人も多いです。

しかし不動産業者の提携住宅ローンはあまり利用しないほうがよいでしょう。金利は少し低く設定されている場合もありますが、その分事務手数料や保証料が高額になっています。特に保証料は金利に上乗せされて支払をするタイプのものもあるので、わかりにくい場合もあるのです。ですが、シミュレーションをしてみると不動産業者の提携住宅ローンのほうが高かったという場合がよくあるのです。

住宅ローンを利用する場合、なるべく総返済額が少なくなるものを選ぶことが大切です。したがって自分で住宅ローンを選ぶようにしましょう。