リフォーム資金も住宅ローンを利用しよう

今は低金利で住宅ローンの借換えもしやすくなっているからでしょうか、中古住宅を購入する場合、リフォームをして住みたいと思う人は多いですね。
住宅の購入資金については、住宅ローンを利用できますが、リフォームについてはどうでしょうか。

リフォームを住宅購入時に行う場合は、中古住宅購入代金とリフォーム費用を合わせて、資金計画を立てるにことになると思います。その場合、住宅ローンについても一本化して借り入れることができる金融機関が増えてきています。ローンを分けるよりも、手続きが簡単で手間もかからず便利なので、利用するのが得策です。

また、リフォーム費用についても、増改築、大規模修繕など一定の条件を満たせば、住宅ローン控除の対象になります。この場合、当初10年間は、ローン残高の1%を上限として所得税から控除が受けられます。

住宅購入後、数年経ってからリフォームをする場合もありますね。この場合も、リフォーム費用について住宅ローンを借り入れることができます。ただ、すでに住宅購入時にローンを組んでいるので、改めて返済能力について審査を受けて、担保権を設定しなければなりません。

住宅ローンで借り入れできない場合は、無担保のリフォームローンを利用することになりますが、住宅ローンに比べて金利負担が大きくなるので、注意が必要です。